皆さん!タティングレースの通販価格を比較し「1つだけ」厳選紹介 2017年度

タティングは素敵だけど!デザインがちょっとエレガントすぎる・・・と感じる人にはすごく良いと思います。なかなか上手に編めず悩んでいましたが!こちらの本で悩みが解決しました。数字を太字にするだけで大分見やすくなると思うので、改善を望みます。

これっ!

2017年01月15日 ランキング上位商品↑

タティングレースすてきなタティングレース [ 盛本知子 ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

目新しい物をお探しの方!オーソドックスな物はもう持ってるよって方にはお勧めです。タティングレースが好きで色々な本が出てますが!基礎からのステップアップの幅が広いです。編み図が大きく 使用糸の長さを糸準備マークで表示しており ピコットとピコットつなぎの区別もはっきり表示されており 表・裏の区別も色分けされています。シャトル2個使いもでてきますがそれほど難しくないと思います。作品の色もデザインも大好きです。色遣いで雰囲気が変わるのが、よくわかります。本書に書かれている著者のお母様の藤戸禎子さんの本から私は入門したので、その流れがすごく入っていて、他のデザイナーとは違う繊細さが受け継がれながら現代的な感じもありステキです。色々参考になる作品がたくさん載っています。親切に説明がしてあり、お気に入りの一冊です。立体的な作品などはなく、従来からのベーシックな作品メインだと思います。タティングレースの本どんどん発行されますね。図書館で借りて内容は知っていました。カラフルな作品が多いです。表紙の作品が気になって購入しました。必要量の糸の長さが書いてあるので、とてもうれしいです。卒業式にむけてストールも作りたいです。図案も従来の線1本での表記に比べ!基本のリングやブリッジを太くし!ピコットなどを線を細くしてわかりやすく改良されている点など!やはり指導されている方の視点でわかりやすいと思います。表紙の作品もすてきです。かと言って難しいものばかりではなく、あじさいのミニドイリーなどは簡単に作れてかわいらしい作品なので、初心者の方にも是非手に取っていただきたいです。まだ届いていないので!届いたら追記したいと思います。色によっては、もちろん、エレガント風にもなるだろうし、カジュアルな色で作ればイマドキのインテリアにもピッタリな感じで素敵ですよ。。今!ラリエットを作成中。基本のキットを購入してから初めての本でしたが!とても丁寧で判りやすい解説でした。タティングレースの体験レッスンを受けた時に、先生がおススメしてくれたので購入しました♪ 見てるだけでウットリするし、基礎が乗ってるので、これで復習&予習がんばりたいです(*^。糸の種類や 技法の説明が丁寧なので やはり 手元に置いておきたくて 今更ですが 購入しました。編み方記号図は この本がいちばん見やすいと思います。じっくり作りこみたい作品が多かったように思います大きくても エレガント過ぎず古臭くなく・・・かつ正統派なデザインに制作意欲が湧いてきます☆編み図が読めて 作品を作ったことがある方なら問題なく楽しめる1冊だと思います(^−^)♪作品を作るのが楽しみです(長期戦の予感!( ..)φ )編み方の説明が分かりやすく!写真も網目がちゃんと見えるので分かりやすいと思います。順に課題をクリアしていけば一通りの技術が身に付きそうです。最近のタティングレースの本は作り方のページも写真のところはカラーのものが多く、編み図もピコは細線、タティングで結ぶ線は太線で描かれていることに慣れていたので、単色刷りの写真や編み図がチェインやリングのラインが二重線で描いてあるのは、パッと見た時に少し見難く感じました。この本も当然載っていますが!あれこれと見比べてみたら微妙に親切度がちがっていたりもします。初心者の私にはまだ編めそうにないですが、可愛いい作品が多いので見るだけでも楽しいです。ショールやテーブルセンターが載っているので!作りがいがあります。最近タティングの本を買いあさってますが!どの本にも月並みにタティングの基本的な技法がちゃんと載っています。パターンの記述が独特なのはわかりやすいように工夫された結果だと思いますが!目数の数字が目立たず見つけにくいのが不便です。掲載されている作品も素敵なものがいっぱいです。一部、写真にぼかしがあるとのことで不評なレビューを見たのですが、気になるほどぼけているのは表紙作品くらいで、本の中ではぼけて見づらいですが表紙ではくっきり鮮明に見えるので、特に問題はないかと思います。タディングレースを始めたい方にお勧めです。難しくないモチーフで!応用がきくデザインの物が多く!ストラップとして紹介されているモチーフをブレスレットにアレンジしたりして!編んでいます。とりあえずステップ1から順に作っていこうと思います。表紙のように!色糸を使った物が多数掲載されています。カラフルな作品が可愛いです。すごく楽しいですよ♪一昔前と違い最近はタティング本が増えましたが!アクセサリーを作るものが多い中!これは久々にレース編みらしい正統派!という感じの本です。作品としては!一つのモチーフを2色使い!もしくは単色と多色レース糸を使ったりとカラフルな感じです。それを見ながら作れるには作れるかもしれませんが!今日初めてタティングのシャトルを持つのよ〜って方には!ちょっと難しく感じるかも。デザインの都合なのでしょうが!作品のページと表紙の写真が逆だったらそんな風に言われることもなかったのではないかと思います。<23日追記>届いたので早速中身を拝見しました。NHKでタティングレースの講座でわかりやすい説明だったので、この方の本はきっと読みやすいだろうと思い購入しました。NHKでも出演されていた方なので出版をとても楽しみに待っていました。他で基本中の基本!みたいな本で基本的な編み方と編み図の見方が分かっていれば!特別難しいことは無いと思います。ほぼ初心者なので、最初のページから順番に作ってます。今は急く気を抑えつつ、行きつ戻りつモチーフを編んでいます。^*)v表紙のデザインでも分かるように!正統派のデザインは少なく!若い人でも取っつきやすい作品が沢山載っていました。やはり編み図もわかりやすく読みやすいです。著者の作品もステキで好きです。